水にも種類がある

水と単純に言っても硬度で分けるといろんな味がする水があるのをご存知でしょうか?飲んでみると分かるんですが、飲みやすい水と飲みにくい水、また、料理に使ったときの味も違うので、料理にこだわりのある方やお店では使い分けたりしているようです。

硬水と呼ばれる水は、石灰岩の中を長時間通ってでてくるとカルシウムとマグネシウムがたくさん溶け込んでできるようで独特のにおいがあります。そのため飲みにくく料理でもお米を炊くのにはあまり適さないと言われていますね。

軟水の地域の山は石灰で出来ていないことが多いようですが、日本は石灰岩でできた山でも流れが速く、また川の長さが短いため溶け込む時間が短いのでそれほどの硬水にはならないようです。

旅行に行って水が苦く感じる方はかなり敏感な方なのでしょうね。住んでいる地域が軟水だと考えられますので、お米を炊くには最適かもしれません。

このように水には硬水と軟水があり地盤によって変わってくるので地域差がかなり出ます。